効果的なダイエットの食事法

黒豆ダイエットの失敗例

 

もともと、黒豆ダイエットを広めたチョン・ジュヨン氏は、幼いころからの超肥満児でした。

 

ジャンクフード、お肉が大の好物で、いつもダイエットをしてみては失敗。

 

スポーツジムに登録した回数は、なんと20回以上だったそうです。

 

そんな失敗続きの彼が成功を手にした唯一のダイエット方法が、黒豆ダイエットでした。

 

しかし、なかには黒豆ダイエットさえも、失敗してしまったという方がいらっしゃいます。

 

あなたがそうならないためにも、どうして失敗してしまうのかを見てみましょう。

 

まずは、70gの量を間違えていること。

 

これは乾燥した状態での70gです。

 

最近では、黒豆ダイエットを配慮して乾燥した状態で70gだった黒豆を、煮てパッケージされた商品もあります。

 

こうした商品を上手に取り入れて、1日70gを守ってください。

 

続いては、黒豆以外の食事を改善しないこと。

 

黒豆ダイエットは、食事制限はしていません。

 

しかし、あきらかに太りそうな食品をおなかいっぱいに食べていたら、いくら黒豆を取り入れても、プラスの効果を大きなマイナスで打ち消しているのと同じです。

 

なので、黒豆を食べていればOKと言う考えでは、失敗してしまいます。

 

そして、最後に短期間で結果を求めてしまうこと。

 

ダイエットを失敗してしまう人の多くが、すぐに結果が出ずにあきらめてしまうことが多いです。

 

1週間、そして1ヶ月、3ヶ月と、まずは「続けること」が大切なのです。