効果的なダイエットの食事法

キャベツジュースダイエットとは何ですか?

 

<キャベツジュースダイエットとは?>

 

キャベツジュースダイエットとは、食前にキャベツジュースを飲むというダイエット方法です。

 

胃腸の専門医である森治樹先生によって考案されたダイエット方法です。

 

キャベツ約4分の一を芯も一緒にざく切りにし、水200ml前後を一緒にミキサーでジュースにします。

 

ガーゼでこすと、キャベツジュースの出来上がりです。

 

凍らせてからおろし器ですりおろしてもOK。

 

こうして出来上がったキャベツジュースを一日三回食前に飲むことで、肝機能を活発にし、代謝を高めて痩せやすい体にする効果があるそうです。

 

更に、豊富な食物繊維で腸内環境を整えて便秘を解消することもでき、ダイエットにはぴったりの飲み物ということなんですね。

 

キャベツはもともと胃腸薬としての薬効があると言われています。

 

キャベツに含まれる成分が、健胃作用や潰瘍を修復する作用があるそうです。

 

「キャベジン」という胃腸薬は昔から知られていますよね。

 

あの名前はまさに「キャベツ」からきています。

 

キャベツジュースダイエットは、そのキャベツの成分をギュッと濃縮させたジュースを飲むことで効率よく体に吸収することができるので、ダイエットのためだけではなく、健康のためにも優れた飲み物という訳なんですね。

 

もちろん、ダイエットとして飲む場合は、その後にとる食事にも気を使う必要があります。

 

油分や糖分の多い食事をしていたり、夜遅い食事、暴飲暴食を繰り返していては、ダイエット効果はまず望めません。

 

キャベツジュースにプラスして、生活習慣や食生活を見直すことがダイエットの第一歩と言えそうです。

 

健康的なジュースを飲んで、健康的な生活を送ることでダイエットする、そのいいきっかけになるのではないでしょうか?

 

<キャベツジュースダイエットのやり方>

 

キャベツジュースダイエットの方法は簡単です。

 

手作りのキャベツジュースを食前に200ml飲むだけ。

 

あとは普通の食事をします。

 

キャベツをそのまま食べずにジュースにする理由は、キャベツに含まれる豊富なビタミンを効率よく取り入れてダイエットに役立てるためです。

 

特に大量に含まれているビタミンUは、肝機能を高める働きがあると言われています。

 

キャベツジュースを飲むことで肝機能が活発になると、体の代謝が高まります。

 

代謝が高まるということは、何もしなくてもエネルギーを消費する体になるということ。

 

すなわち痩せやすい体を作るということとなり、ダイエットにつながるのですね。

 

更に、キャベツに含まれた食物繊維が腸の調子を整えて便秘を解消するので、さらにダイエット効果があるわけです。

 

ただ、キャベツを絞って水で割っただけの飲み物だと、あまり美味しそうな感じがしませんよね・・・

 

確かに青臭い風味が苦手で続かない人も多いかもしれません。

 

そこで、キャベツジュースダイエットを無理なく長続きさせる方法として、冷蔵庫でよく冷やしたり、レモンを絞ったり、ミキサーを掛ける際にリンゴなどを加えてみたりすると風味がかわってぐっと飲みやすくなります。

 

ダイエットと健康のためにもってこいのキャベツジュースダイエット。

 

工夫を加えながら、とにかく続けてみることが大切です。