効果的なダイエットの食事法

発酵キャベツダイエットとは何ですか?

 

<発酵キャベツダイエットとは?>

 

発酵キャベツダエイットは、キャベツを発酵させて取り出したエキス食前に取り入れることで、ダイエットに活用しようというもの。

 

キャベツを発酵させてドリンクにしたものを、食前に飲みます。

 

それでは、キャベツを発酵させて作ったドリンクが何故ダイエットに効果的なのでしょうか。

 

その秘密は「酵素」にあります。

 

体の中で起こる、食べ物の消化や代謝などの全ては、酵素というタンパク質の働きと言われています。

 

酵素が不足すると、代謝が悪くなり太りやすい体を作ってしまうだけでなく、老化を招いたり、生活習慣病やガンになってしまうという考え方があるのです。

 

その為、酵素を補うことがダイエット、そして病気予防にも効果があるという訳なんですね。

 

キャベツを発酵させて作ったドリンクは「酵素ドリンク」ともよばれていて、酵素が豊富に含まれています。

 

発酵とは、食品を保存させながら、微生物の力によって様々な栄養や生きた酵素を生みだすということ。

 

キャベツそのままの状態にも酵素が含まれてはいますが、大量に食べると体を冷やしてしまいますし、そもそも生の野菜を食べられる分量も限度があります。

 

発酵させるのは、より効率的に酵素を取り込もうという目的があるためなのです。

 

発酵キャベツドリンクを食前に飲むことで、体に必要な酵素を取り入れて代謝を上げていく・・・

 

まさにダイエットだけにとどまらず、体の健康を根本から考えた食事療法ということになるのです。

 

<発酵キャベツの作り方>

 

ダイエットに使用する発酵キャベツは、こして液体だけ取り出し、ドリンクにして使います。

 

まずは、3日分のドリンクの材料、キャベツ2分の1個を準備します。

 

ざく切りにしたキャベツを、水90mlを一緒にミキサーへ。

 

ドロドロの状態になるまでつぶしてから、ガラスの容器にそのまま移し、ラップをして置いておくと、個体部分と液体部分に分離したようになってきます。

 

これをガーゼで漉してキャベツのカスを取り除くと、発酵キャベツドリンクの出来上がりです。

 

冷蔵庫で3日はもつので、毎食前に1日300mlを目安に飲みます。

 

常温でも1日はもつので、外出時にはペットボトルに入れて持ち歩いても大丈夫です。

 

ただし、注意点があります。

 

発酵とは細菌によって分解されて起こる現象。

 

体にいいものができる場合を「発酵」、悪いものができる場合は「腐敗」といいます。

 

雑菌が入ってしまうとせっかくのキャベツも腐敗してしまいますので、必ず清潔なまな板と包丁、そしてガラスの容器を準備することが大切です。

 

また、室温が高すぎても低すぎてもうまく発酵しないので、17〜21度くらいの温度が目安です。

 

出来上がった発酵物見てみて、漬物のような匂いがして黄色っぽい色に変わっていたら発酵成功、アンモニアのような匂いがして白い膜が張っていたりピンクのカビが浮いていたりすると腐敗してしまっているので、必ず確認してください。

 

最後に、酵素は生の新鮮な食品に多く含まれます。古くなってくると酵素のパワーも弱まっているのです。

 

ですから当然、使うキャベツは買って間もない新鮮なものがお勧めです。

 

このように、意外と慎重に作らなければ失敗してしまう発酵キャベツドリンクですが、誰にでも家庭で作れる手軽なものです。

 

作り方に注意して、是非挑戦してみてください!