効果的なダイエットの食事法

夜キャベツダイエットとは何ですか?

 

<夜だけキャベツダイエットとは?>

 

肥満の専門医として有名な吉田俊秀医師によって考案された、驚異の成功率を誇るダイエット方法です。

 

実際に体験してみた名古屋医大病院の簗瀬正伸医師が、3ヶ月で約30キロの減量に成功したことも有名な話です。

 

夜キャベツダイエットは夕食の前にキャベツを食べ、噛むことにより満腹感を得て、食事量を自然に減らしていくというダイエット方法です。

 

やり方はとても簡単。

 

キャベツ6分の1個を5p角ほどにざく切りにし、生のまま10分ほどかけてよく噛んで食べます。

 

ノンオイルのドレッシングや塩などで味に変化をつけても構いません。

 

とにかく夕食前にゆっくりよく噛んでキャベツを食べるのです。

 

「噛む」という刺激を脳に送ることで、脳が「満腹」という認識をして満腹感を得るのですね。

 

そのお陰で、夕食を食べる段階には既に満腹感が得られており、自然と夕食の量が減ってダイエットにつながるという訳です。

 

朝や昼は好きなものを食べても構いません。

 

ですが、ダイエット中はできるだけ油分や糖分を減らし、たんぱく質をしっかりとるようにすれば、筋肉を落とすことなく、より効果的に減量できるでしょう。

 

これだけみても「夜キャベツダイエット」はとても簡単ですよね。

 

簡単で手軽、そして我慢することがないダイエットなので、ストレスがとても少ないということが分かります。

 

ダイエットの基本は続けること。

 

ストレスがたまって続けられないと、リバウンドという一気に体重が戻ってしまう結果になってしまい、結局痩せられないという悪循環に陥るのです。

 

3ヶ月で体重の5%くらいを減らせればいい、という無理のない目標をたて、とにかくストレスを感じることなく続けることが大切。

 

夜キャベツダイエットは、それが可能なダイエット方法というわけです。