効果的なダイエットの食事法

キャベツの保存方法

 

キャベツの保存方法は覚えておくと便利です。

 

鮮度や栄養面からも、カットされたキャベツではなく、丸ごと1個のものを買ってきて調理する方がいいのですが、とにかくキャベツは大きいですもんね。

 

使い切らないことも多いのではないでしょうか。

 

そんな時は、カットしたものが残った場合はラップでしっかりと包み、極力空気に触れささないようにして冷蔵庫で保管します。

 

切った場所に空気が触れると酸化が進み、変色して腐っていきます。

 

カットされたものは、できるだけ使い切ることがお勧めです。

 

また丸ごと一個を保存する場合は、芯を包丁で切りぬいて、水で湿らせたキッチンペーパーを詰め込んでからナイロン袋に入れ、冷蔵庫で保管します。

 

この時、芯の部分を下にしておきます。

 

キャベツは芯から腐り始めます。

 

その為、芯をくりぬいてしまって、水分を補給してあげれば、1週間以上は鮮度を保つことができるようです。

 

ですが、やっぱり野菜は取れたてが一番。

 

畑から収穫した直後からだんだんと古くなっていきます。

 

少しでも早く食べる方が、味も鮮度も栄養も、なにもかもが良い状態なのです。

 

美味しいことは体にいいこと。

 

本当のキャベツの旨味を味わいながら食べたいものですね。