効果的なダイエットの食事法

キャベツの栄養成分

 

キャベツはとにかくビタミンが豊富。

 

水溶性ビタミンでいうと、ビタミンB1、B2、C、ナイアシンが、脂溶性ビタミンでいうと、ビタミンA,E,Kなどが含まれています。

 

その中でも、水溶性ビタミンである「ビタミンC」は淡色野菜のなかではキャベツが大変多く、大きめの葉2〜3枚を食べるだけで一日に必要なビタミンCをカバーできるそうです。

 

ビタミンCは美肌効果や疲労回復、風邪の予防にも役立つ栄養素です。

 

また、脂溶性ビタミンである「ビタミンK」の含有量も野菜の中でもトップクラス。

 

ビタミンKは出血を止める働きや、骨粗鬆症を予防する効果があると言われています。

 

さらに、カルシウム,リン,鉄,カリウム,マグネシウムなどのミネラル分も多く含まれています。

 

ミネラルは、消化・吸収を助け、消化不良のむかつきを防いでくれるという効果があります。

 

栄養成分の他には、食物繊維が豊富なことも有名です。

 

便秘の解消だけでなく、腸内環境を整えて、大腸がんや成人病の予防にも効果があると言われています。

 

このように、キャベツはビタミンを中心に、実に様々な栄養成分が含まれた野菜だということが分かりますね。

 

年中手に入って手軽なだけでなく、料理のレシピも数多くあるキャベツ。

 

健康維持の強い味方なんですね。