効果的なダイエットの食事法

キャベツダイエットで痩せない人

 

キャベツダイエットの口コミ情報などを見てみると、成功例の方が圧倒的に多いことに気付かされます。

 

キャベツをゆっくり食べることで満腹感を得て、食事量を自然に減らせるというキャベツダイエット。

 

基本的に食べることを我慢したり、単品だけしか食べないダイエットと違い、「食べて痩せるダイエット」ということでストレスが圧倒的に少ないということが、続けられる理由、すなわち成功する人が多いことにつながっているのでしょうね。

 

ですが、全く体重が変わらない、便秘が解消されないという人も中にはいるようです。

 

その人達は、恐らく食事の仕方や内容、食事を取る時間などが影響しているのではないかと思うのです。

 

キャベツを良く噛んでしっかり食べるということを実践しているならば、多くに人に満腹感が得られることと思います。

 

その後に普通の食事をするので、自然と分量が減ってダイエットにつながります。

 

ですが、ここで食べすぎてしまっては意味がありません。

 

腹八分という言葉もありますが、今まで食べていた食事量と変わらないくらい食べてしまってはダイエットにならないことは明白です。

 

早食いの人も食べすぎの傾向にありますので注意が必要です。

 

「満腹ということを感じながら、ゆっくりと食事をする」ということが大切なんですね。

 

また、結果を急ぐあまりにキャベツしか食べないことがあるならば、それは完全に間違ったやり方です。

 

摂取カロリーも栄養も一気に削られるわけですから、一時的に体重はガクっと落ちるでしょう。

 

ですが、ダイエットが続かず、また体も元の健康な状態に戻そうと栄養を吸収しやすくするため、必ずリバウンドしてしまいます。

 

これでは意味がありません。

 

更に、夜は消化活動が弱まり、体に栄養が蓄積されやすくなります。

 

寝ている間は運動量が減るため、カロリー消費も激減します。

 

夜遅くに食事を取る生活や、寝る前に何か食べる癖のある人は、いくらキャベツを食べても痩せない可能性が高いのです。

 

キャベツが体質が合わない人ももちろんいるとは思います。

 

ですが、キャベツダイエットで痩せない人は、以上のことが当てはまっていないか、一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

食生活を改善すると結果も変わってくるかもしれません。