効果的なダイエットの食事法

キャベツダイエットで痩せた人

 

キャベツダイエットで痩せた人の体験談が多数寄せられているようですね。

 

1週間で1キロ前後という人から、10日で5キロ、3ヶ月で30キロという大成功の人・・・などなど。

 

個人差はありますが、多かれ少なかれ、なんらかの変化があるようです。

 

キャベツダイエットは、キャベツを噛むことによって脳に刺激を送り、「満腹感」を得るというもの。

 

キャベツばかり食べるので、飽きさせずに上手に工夫しながら続けることができた人が成功した人なんでしょうね。

 

ですが、それ以上に、キャベツの後に取る食事の量や、内容、時間帯なども、ダイエット成功の大きなポイントのようなのです。

 

そのポイントを押さえられた人が、キャベツダイエットで痩せた人、といえるのかもしれません。

 

まず、キャベツで満腹感を得た後に普通に食事をするわけですが、当然食べ過ぎては意味がありません。

 

いつもより量が減らせるように、キャベツをしっかり食べることが大切です。

 

また、逆にキャベツのせいで食事量が減ってしまうのですから、栄養が偏ったり栄養失調になることも考えられます。

 

体にいいものを摂ることが大切です。

 

特にタンパク質は減らしてはいけません。

 

血や筋肉を作るタンパク質。

 

筋肉が減ってしまっては、体の代謝が悪くなって痩せにくい体になってしまい逆効果です。

 

さらに、一日にお茶碗二杯程度、食パンなら5枚切り2枚程度、ビールなら500ml二杯程度の炭水化物もとるようにします。

 

キャベツの食物繊維だけをとり、炭水化物が不足すると、逆に便通が悪くなる可能性があります。

 

最後に、食事を取る時間帯です。

 

昼間は活発に動くのでカロリーも消費できますが、夜になるにつれカロリー消費も減り、消化能力も弱くなるので、夕食はできるだけ早めにとり、寝る三時間前は何も口にしないことがお勧めです。

 

夜遅くに食事をとり続けると、確実に太ります。

 

これらのことをを踏まえて、考えながら正しい食事をすることが大切なのです。

 

キャベツダイエットに成功して痩せた人は、このポイントを押さえてしっかり実践できた人といえるのかもしれませんね。