効果的なダイエットの食事法

朝ナナダイエットとバナナジュースダイエットの違いは何ですか?

 

バナナジュースダイエットは1食をバナナジュースに置き換えるダイエット法です。

 

バナナジュースの一番多いパターンは、豆乳とバナナをミキサーにかけてジュースにする「豆乳バナナジュース」です。

 

バナナに含まれない栄養素を豆乳が補うという働きはもちろんありますが、そもそも豆乳には肥満を予防する大豆タンパクと、その効果を高めるイソフラボンが豊富に含まれています。

 

またバナナは低カロリーで、糖質分解酵素が含まれていて、食物繊維も豊富。

 

代謝を高めて便秘を解消することから、ダイエットにいいことは随分紹介されてきました。

 

おまけに手軽に食べられて消化吸収がよく、腹もちもいいのでダイエットにはピッタリです。

 

この豆乳とバナナをミキサーにかけることで、栄養のバランスがとれた、しかもドリンクとしては結構ボリュームのある飲み物になるのです。

 

これを食事の前にコップ一杯取り入れることを、豆乳バナナジュースダイエットでは提案しています。

 

空腹がおされられるので、食事を減らすことができるというわけです。

 

一番効果的なのは、夕食の前。

 

夜は体の消化活動が弱まってくる時期ですから、豆乳バナナジュースを飲むことで食事量が減らせれば、自然にダイエットにつながります。

 

ですが、豆乳バナナジュースダイエットで間違ってはいけないことは、その単品だけを摂ることでカロリーを減らして痩せようとすることです。

 

食事量を極端に減らせば、必ず痩せるでしょうが、お腹がすくことは明らかです。

 

空腹を我慢すればストレスになりますし、耐えられなくなれば結局間食をしてしまうのです。

 

辛いダイエットは長続きしません。

 

ダイエットはどのようなものでも、長く続けるということが第一条件です。

 

ですので、一気に結果を出すことを考えず、豆乳バナナジュースを取りながら、普段の食事の量を少しずつ減らそう、体重を少しずつ落とそう、徐々に痩せやすい体を手に入れようという心構えで取り組むことが、豆乳バナナジュースダイエットには大切なのではないでしょうか。