効果的なダイエットの食事法

朝ナナダイエットとバナナ酢ダイエットの違いは何ですか?

 

<バナナ酢ダイエットの考案者>

 

バナナ酢ダイエットを考えた人は、料理研究家の村上祥子さんです。

 

村上さんがまだ主婦で、お子さんが塾や運動に毎日忙しく動き回っていた頃、疲労回復やエネルギー代謝を活発にさせようと考えたのが「バナナ酢」だったそうです。

 

マラソン選手がよくバーモントドリンクを飲んでいるということからヒントを得て、子供でも飲みやすい

 

バナナを使ってみよう、と作ったものがバナナ酢だったという訳です。

 

それを家族全員で飲んでいたそうですが、飲み始めてから体の疲れがたまりにくくなったり、冷え症や肩こりが解消したり、お腹周りがすっきりし始めたり・・・と、体に変化が現れたといいます。

 

バナナ酢は体にいいし、ダイエットにも効果がある飲み物なんだと気づいたことが、村上さんがバナナ酢ダイエットを提唱したきっかけです。

 

今では愛飲者も増え、ダイエットはもちろん、コレステロール値が下がったり、足のむくみがとれたり、血圧が安定したり、という喜びの声が報告されるようになりました。

 

ですが、どんなにいいものでも、長く続けなければあまり意味はありませんよね。

 

高価だったり、準備が面倒だったり、味が悪かったりするとなかなか続けることは難しいと思います。

 

このバナナ酢ダイエットを考えた人は主婦だったということはポイントですね。

 

自宅で作れて、しかも安価で、子供でも飲めるくらい美味しくて・・・ 母の目、女性の目から見て考えだされたのがバナナ酢だったのです。

 

黒糖を入れたことでコクのある甘みもプラスされ、そのまま飲んでも美味しいし、牛乳と混ぜるとヨーグルトのような感じで飲むことができます。

 

手軽に作れて美味しいので、毎日続けることができたのです。

 

バナナ酢ダイエットの効果が高いのは、バナナ酢がダイエットに良いすぐれた要素を豊富に含んでいるということだけではなく、毎日続けられる飲み物だということが大きな理由なのかもしれませんね。

 

<バナナ酢の作り方>

 

バナナ酢の作り方をご紹介します。

 

バナナ酢はダイエットにも健康維持のためにも効果の高い飲み物です。

 

作り方はとても簡単ですので、ぜひお試しください。

 

まずは、バナナ1本、黒酢200CC、黒砂糖100gを準備します。

 

バナナは1pくらいの輪切りにして、材料のすべてを瓶に入れます。

 

バナナの養分を早く黒酢に溶け込ませるため、瓶の蓋を外してレンジで30〜40秒温めます。

 

この時、いったんバナナを全部お酢に沈めて酢に漬からせることがポイントです。

 

酢がついていないと、あとでバナナにカビがはえたりする可能性がありますので。

 

そして、温まればすぐに蓋をして半日置いておきます。

 

これでバナナ酢の出来上がりです。

 

バナナは一週間で取り出して構いません。

 

そのまま食べることもできますし、考案者の村上さんいわく、サラダなどに混ぜると子供にも喜ばれるそうです。

 

またバナナを酢につけておくのは最長二週間くらいで、それ以上は漬けておかずに引き上げます。

 

バナナを取り出した黒酢は、毎日多さじ2〜3杯ずつ飲みます。

 

ですがもしも飲みきれなくても、衛生的にきれいに扱っていれば1年くらいはもちますし、特に常温で保存しておいても問題はないようです。

 

ちなみに、村上さんは黒酢で作っていましたが、どんな酢でも「酢」にはかわりがありませんので大丈夫です。

 

酢の種類それぞれに風味や機能が違いますので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか。

 

リンゴ酢などはフルーティですもんね。

 

バナナ酢はとても簡単で手軽に作れ、しかも保存も簡単でとても便利です。

 

<バナナ酢ダイエットの効果>

 

バナナ酢ダイエットの効果について調べてみました。

 

バナナ酢を愛飲している人からは、「お腹周りがすっきりした」ですとか「コレステロール値が下がった」という報告だけでなく、冷え症が治ったりむくみが取れたり、血圧が安定したという声が上がっています。

 

事実、考案者の料理研究家 村上祥子さんの旦那様も中年太りが解消され、村上さん自身も肩こりがなくなったり疲労がたまりにくくなったり・・・と、ダイエットだけにとどまらず、健康面でもよい効果が表れているようです。

 

これは、バナナと黒酢、黒糖の力の賜です。

 

まず、黒酢には酢酸が豊富に含まれていて、脂肪や糖分をエネルギーに変えていく働きがあります。

 

そのため疲労が回復しやすくタフな体になりますし、体脂肪も分解されていくため、ダイエット効果が生まれます。

 

また黒酢はアミノ酸も豊富。

 

アミノ酸は脂肪の蓄積を防いで新陳代謝を良くするため、ダイエットにも美肌にも効果的です。

 

更に黒酢には血圧やコレステロール値を下げる力もあります。

 

黒酢は、とにかく脂肪をため込みにくい、健康的な体を作るのにとても効果的な食材というわけです。

 

そしてバナナにも、脂肪を分解する酵素がたくさん含まれています。

 

カリウムも多いので利尿作用もあり、脂肪を燃焼させながら老廃物を排出してくれます。

 

更に抗酸化作用が強く、細胞を活発化させて体の代謝を高める効果もあります。

 

代謝が高まれば、自らの脂肪をどんどん燃やしていく力が高まりますので、太りにくい体質になっていくのです。

 

黒糖はミネラルが豊富なのですが、ミネラルは脂肪が燃える時に必要な栄養素。

 

言ってみれば車が走るときにガソリンがいるように、ミネラルがないと脂肪は効率よく燃えてくれないのです。

 

しかもコクのある甘味で、バナナ酢をとても美味しくしてくれるのです。

 

これらの黒酢・バナナ・黒糖という3つの食材が合わさることで相乗効果が生まれ、脂肪が燃えやすい体に変わっていくというわけなのです。

 

脂肪が燃えて体にため込まないので、まずはダイエットになります。

 

それに、体の代謝が高まるので肌がきれいになったり、老廃物が排出されやすくなって血液がサラサラになるので、コレステロール値や血圧が安定してきます。

 

おまけに疲れがたまりにくくなって、活発に動ける体になっていくという、二重にも三重にもよい効果が表れてくるのです。

 

一日多さじ2〜3杯だけで構いません。

 

体にいい食材を手軽に取るだけで、こんなにたくさんの効果が表れるなんて、ありがたい限りですね。