効果的なダイエットの食事法

朝バナナダイエットは冷凍バナナでもダイエット効果はありますか?

 

朝バナナダイエットは冷凍バナナでもダイエット効果はありますか?

 

朝バナナダイエットは、常温のバナナと水を朝に摂り、あとは間食も昼食、夕食も好きなものを食べてもいいというダイエットです。

 

最もお勧めはあくまで「常温」。

 

冷凍バナナにしてしまうと体の体温を下げてしまい、ダイエット効果があまり期待できません。

 

デザート感覚でバナナを楽しむのではなく、あくまでダイエットを目的にするのであれば冷凍にしない方が効果があるといえます。

 

バナナには、糖質分解酵素が豊富に含まれていて、体の代謝を高めて脂肪をどんどん燃焼させていく働きがあります。

 

この酵素を毎日取り入れることによって、太りにくい体質に変えていくことができ、健康的なダイエットができるのです。

 

朝バナナダイエットでは、このバナナに含まれる「酵素」が最も重要ということになりますね。

 

ですが、この酵素はもともと体内で作用するもの。

 

体温はだいたい36度〜37度くらいですから、それくらいの温度が一番酵素が活発に動きやすい適温なのです。

 

これがあまり下がりすぎると、動きが鈍くなってしまいます。

 

冷凍バナナがダイエットに向かない理由はここにあります。

 

現に、今低体温の子供や大人が増えているといわれています。

 

すると当然体内の酵素の働きが低下していると考えられます。

 

酵素が活発に働かないと、新陳代謝が悪くなり、免疫力が落ちていく、という悪循環に陥ります。

 

ちょっとしたことですぐ風邪を引いてしまったり、その風邪がなかなか治らなかったり、慢性のアレルギーなども引き起こす原因になるといわれています。

 

自力で病気をやっつける力が弱ってしまうのですね。

 

このように酵素の力はとても大切なために、酵素が一番動きやすい温度に体を保つことがとても重要ということがお分かり頂けると思います。

 

朝バナナダイエットも同じ。

 

できるだけ体を冷やしすぎない、常温のバナナ、常温の水で毎日続けることが、健康的なダイエットの一番の近道だと言えるのではないでしょうか。