効果的なダイエットの食事法

朝バナナダイエットは焼きバナナでもダイエット効果はありますか?

 

朝バナナダイエットは焼きバナナでもダイエット効果はありますか?

 

結論から言って、バナナを焼くと本来の効果はあまり期待できません。

 

朝バナナダイエットは、朝に常温のバナナと水だけを摂り、あとは普通食にするというダイエットです。

 

何故朝にバナナがいいかというと、バナナに含まれる糖質分解酵素が体の代謝を高めて、どんどん脂肪を燃やす体に変えていってくれるという効果があるからで、一日で一番酵素が減る「朝」にバナナを摂ることで、最も効率よく酵素を吸収できるというわけです。

 

ですが、その酵素は42〜3度を超えると壊れるという特徴があります。

 

焼きバナナにしてしまうと、大切な糖質分解酵素が壊れてしまうのです。

 

酵素が一番減る朝に、酵素が豊富なバナナを食べて体質を変えていこうという本来の目的を果たせなくなってしまうのです。

 

そのため、朝バナナダイエットは必ず「常温のバナナと常温の水」ということが前提になっているという訳です。

 

このことから、焼きバナナにしなかったとしても、一緒に摂るものを常温の水ではなく、熱いお茶やコーヒーにしてしまうと同じことになってしまうので注意が必要です。

 

熱いお茶やコーヒーがバナナの糖質分解酵素を壊してしまうのです。水ではなく、たまに牛乳やコーヒーやフルーツジュースなどにしても構いませんが、温かいものにはしないということが大事なんですね。

 

寒い冬の朝は暖かいコーヒーや日本茶が飲みたくなりますね。

 

朝にバナナを食べた後、30分たてば他の物を食べても大丈夫ですので、もしもどうしても焼きバナナや温かい飲み物が欲しくなったら、間食として摂るといいかもしれませんね。