効果的なダイエットの食事法

朝バナナダイエットの効果を高める方法

 

朝バナナダイエットの効果を高める方法はいくつかあります。

 

まずは正しい方法で朝バナナダイエットを行うというのが大原則ですが、更に効果を高める方法があります。

 

朝バナナを食べる時、一気に早食いせずによく噛んで食べることをお勧めします。

 

また一緒に飲む水も、冷たい水ではなく常温のものをとる方が効果を高める近道です。

 

早く食べると、脳に「食べている」という伝達が行く前に胃の中に入ってしまいます。

 

脳が「満腹だ」という信号を出す前にどんどん食べてしまい、結果として食べる量が多くなってしまうのです。

 

ゆっくり噛んで食べて、脳に早く「満腹になってきた」という信号を出させると、自然と食べる量も少なくて済むということになります。

 

また冷たいものは体の代謝を低くしてしまいます。

 

常温から温かいものが体にとってはいいということになります。

 

またバナナの力を発揮させるためにも、バナナを食べた後30分はなにも食べてはいけません。

 

「朝にバナナを食べる」という行為だけの中にも、朝バナナダイエットの効果を高める方法がたくさん隠されているのですのですね。

 

あとは、バナナの選び方にも着目してみましょう。

 

バナナは黒い斑点が数個出てきた頃が食べごろとよく言われます。

 

味も、きれいな黄色のものよりも甘くておいしくなっていますよね。

 

バナナの力という点から見ても、斑点が出てきた状態が一番免疫作用を高めるのによい状態だそうです。

 

また、「バナナスタンド」なども売り出されていますが、保存はできるだけ接地面を少なくして、上から吊り下げるのがベストです。

 

バナナはすぐに傷んでしまうデリケートな果物ですもんね。

 

またあまり寒い場所はバナナには不向きです。

 

もともと熱帯で育つ果物なので、寒すぎる場所では成熟せずに腐ってしまうそうです。

 

ですが、焼きバナナなど過熱してしまうと、バナナの大切な糖質分解酵素が壊れてしまいます。

 

凍らしても酵素の働きが低下する上、体を冷やして代謝を低下させてしまうのでお勧めできません。

 

常温の生のバナナをゆっくりと味わって美味しく頂く、この一見当たり前とも思える食べ方が、一番の朝バナナダイエットの効果を高める方法といえるのかもしれません。