効果的なダイエットの食事法

朝食バナナダイエットとは?

 

朝バナナダイエットは、朝にバナナと水だけを摂り、昼食、間食、夕食は好きなものを食べてもいいというもの。

 

ストレスのない、とても手軽なダイエット方法なのです。

 

ですが、もう一つ重要な約束があります。

 

それは夕食はできるだけ18時頃までに済ませて、できるだけ日にちが変わるまでに寝るということです。

 

夕食が終われば極力間食もしない方がベスト。

 

これさえ実行できれば、徐々に体重が落ちていき、更に便秘が解消したり血圧が安定することもあるという、健康的なダイエットと体質改善ができるのです。

 

そもそもなぜ朝にバナナがいいのでしょうか。

 

それは、バナナには糖質分解酵素が豊富に含まれていて、体の代謝を挙げて脂肪を燃えやすくさせるという効果が高いのです。

 

また抗酸化作用も強いので、細胞を活性化してさらに代謝を高めます。

 

人間は寝ている間に酵素が失われていきますので、朝には酵素が不足した状態なのですが、その酵素が足らない「朝」というタイミングにバナナを摂ることで、効率よく生の酵素を体に取り入れることができる、というわけなのです。

 

体の代謝が上がって行けば、昼食、夕食、間食をしっかり取ったとしても、ちゃんとエネルギーを消費して、脂肪を自力で燃焼させていくことができるようになりますよね。

 

これが朝食バナナダイエットの仕組みです。

 

ただし、人間の体は就寝に向けて消化活動が弱まっていきます。

 

あまり遅い時間に食事をすると、消化されずに胃に物が残ったまま就寝するということになってしまいます。

 

満腹では快眠が得られません。

 

熟睡できないとストレスがたまり、体の代謝が悪くなる、という悪循環
に陥りますので、せっかく摂ったバナナの酵素の効果が半減してしまいます。

 

ですので、朝食バナナダイエットを成功させるには、朝食にバナナを食べることに加え、夕食を早い時間に済ませて早く寝る、ということを実行させることがとても重要になってきます。

 

このことを頭に入れて、朝食バナナダイエットに取り組んでみてください。

 

ダイエット効果に加え、体質改善、更には早寝早起きの生活改善にもつながっていくかもしれませんね。

 

まさに健康的なダイエット、という訳です。