効果的なダイエットの食事法

洋菓子より和菓子

 

ダイエット中でも、どうしても甘いものが食べたくなってしまう時があると思います。

 

そんな時には、洋菓子よりも和菓子がおすすめです。

 

洋菓子というのは、バターや生クリームなどがたっぷり使用されているものが多いのです。

 

バターや生クリームは、高脂肪、高カロリーの代表のようなものなので、これらが多く使われている洋菓子は、ダイエットには向いていません。

 

それに比べて和菓子は、砂糖なども少なめですし、小豆が使われていることが多いというのもポイントです。

 

小豆にはでんぷんがたくさん含まれているので、吸収されるのに時間がかかるのです。

 

ですから、体脂肪になりにくいといわれています。

 

また、和菓子には食物繊維がたっぷりでノンカロリーの寒天を使用しているものもあり、脂肪や糖質、コレステロールを排出してくれる働きが期待できます。

 

和菓子の中でも生菓子は砂糖の量が少ないのでおすすめです。

 

ゼリーや寒天などは、食物繊維などで満足感が得られやすいのに低カロリーで、ダイエット中のおやつとしては適しています。

 

お菓子は手作りをすると、砂糖の量などが調節でき、さらに低カロリーにすることが出来ますし、作ってみるとなかなか楽しいので、手作りのお菓子を食べるというのもおすすめです。

 

甘いものが好きな人がダイエット中に甘いものを我慢するというのは大変なことです。

 

ストレスをためるよりは、和菓子などを上手に取り入れて、無理なくダイエットを進めていったほうがいいかもしれません。