効果的なダイエットの食事法

玄米の硬さを解消する方法はありますか?

 

玄米の特徴として、プチプチとした硬い食感があります。

 

玄米はぬかや胚芽がついているのでそのような食感になるのですが、この食感が苦手という人もいるようです。

 

この食感をよく噛んで食べることによって、満腹中枢が刺激されて、少量でも満腹になりやすいというメリットがあるのですが、よく噛んで食べないと胃腸に負担をかけたり、胃を傷をつけてしまう事もあるようです。

 

玄米の硬さを解消する方法はあるのでしょうか。

 

まずは、玄米を炊く前に水に浸すのですが、その時間を長くしてみましょう。

 

通常は玄米を3時間以上浸してから炊くのですが、それを6時間ほど浸してみると、少し柔らかくなるでしょう。

 

炊く時の水加減や、炊飯ジャーで炊いた時に柔らかめなどに設定する事で、少しは硬さを和らげる事ができると思います。

 

白米に混ぜて炊くというのも一つのてです。

 

あとは、玄米を発芽玄米にする事です。

 

一定時間水に浸しておく事で玄米が発芽します。

 

そうすると、外皮が柔らかくなり、玄米のようなプチプチ感はなくなり、白米の食感に近くなるのです。

 

また発芽させることで、栄養素が増加したり、新しい栄養素が増えたりというメリットもあります。

 

発芽玄米は、市販のものもありますが、自分でも手軽に作る事ができるので、玄米の硬さを解消したいという人は、発芽玄米を使ってみてはいかがでしょうか?