効果的なダイエットの食事法

発芽玄米の美味しい炊き方

 

美容や健康に良いとして注目されている発芽玄米は、玄米を発芽さえたものなのですが、それだけで玄米よりもやわらかくモチモチになり、栄養価も高くなっています。

 

玄米の場合には長い時間水に浸しておかなくてはいけなかったり、水加減や炊き方などコツがありちょっと面倒でしたが、発芽玄米は外皮が柔らかくなっているので、面倒な手間がなく簡単に炊くことができます。

 

発芽玄米を炊く時のポイントは水加減だけです。

 

白米よりも少し多めの水加減にするだけでOKです。

 

目安としては、発芽玄米1カップに対して白米と同じ水加減よりも4分の1カップほど多めに入れるだけです。

 

お米の硬さには好みがあるので、炊いていくうちに水の量を調節して、ベストな炊き加減を見つけるといいでしょう。

 

発芽玄米を炊く前に時間があるという時には、炊く前に30分ほど水に浸しておくと、さらにやわらかくモチモチで美味しくなります。

 

炊き上がった後は、そのまま15分ほど蒸らしておくといいでしょう。

 

ふたをあけた後は切るように混ぜて余分な水分は飛ばしましょう。

 

ほとんど白米と変わらずに炊くことが出来るのに、白米よりも栄養豊富な発芽玄米は、玄米のようにぱさつかずもっちり食感なので、お弁当やおにぎりにもおすすめですよ。

 

炊き上がった発芽玄米は、すぐに食べないものは暖かいうちに小分けにラップにくるんで荒熱が取れたら冷凍して保存するといいでしょう。