効果的なダイエットの食事法

発芽玄米と白米の違い

 

健康ブームから、発芽玄米が注目されていますが、発芽玄米がどんなものなのか、よく知らない人も多いと思います。

 

発芽玄米は、玄米を少しだけ発芽させたものです。

 

ですから、基本的には玄米と同じで、ぬかや胚芽がついています。

 

白米はぬかや胚芽などを精米することで取り除いたものです。

 

精米することで、真っ白できれいな白米となり、もっちりと美味しいお米になります。

 

ぬかや胚芽がついていると、プチプチとした食感で色も少し茶色ががっています。

 

玄米はその食感が苦手という人がいますが、発芽させて発芽玄米にする事で、外皮が柔らかくなり、胚芽がついているのに、白米のような柔らかさになるようです。

 

そのぬかや胚芽の部分に、多くの栄養素が含まれています。

 

しかも、発芽する事で、フィターゼという酵素が働き、栄養素の吸収率が高まったり、抗酸化物質の働きを活発にしたりします。

 

ギャバなどの栄養成分は3から5倍に増えることも知られています。

 

発芽玄米は、白米のような食感でいながら、玄米よりも栄養価の高いという、メリットのとても多い食材です。

 

カロリーは発芽玄米も白米もあまり差がありませんが、発芽玄米には中性脂肪を抑えるギャバや、食物繊維などが豊富なので、ダイエット効果もあります。

 

また、発芽玄米は、玄米のように水に浸しておいたり水分調整などの必要がなく、白米と同じように手軽に炊くことが出来るのも大きなメリットです。

 

ただ、白米と比べると、かなり高額になってしまうのがデメリットです。

 

食べ続ける事で、健康や美容などに効果を発揮してくれるのが発芽玄米です。