効果的なダイエットの食事法

発芽玄米の栄養価

 

健康志向が高まる現代。

 

白米が主流になっていますが、最近の健康ブームから、白米よりも栄養価が高いことで知られる玄米が人気を集めています。

 

精米していないお米のことを玄米といいますが、ぬかや胚芽にたくさんの栄養成分を含んでいます。

 

その玄米よりもさらに栄養価が高いのが、発芽玄米です。

 

発芽玄米は、玄米を一定時間水につけて、発芽させたものです。

 

発芽することで、玄米の中の酵素が活性化し始め、栄養価を高めてくれるのです。

 

また、玄米に含まれているギャバは、中性脂肪を減少させる働きや、ストレス緩和、精神を安定させる効果などがある成分で、注目されている成分です。

 

このギャバが玄米の3から5倍含まれているのが発芽玄米なのです。

 

玄米が発芽することで、ギャバが増加するのです。

 

それ以外にも、鉄やカルシウム、マグネシウム亜鉛などが、玄米の時には吸収されにくかったのですが、発芽玄米になることで吸収されやすくなります。

 

また、アミノ酸はうまみ成分に変化し、でんぷんは甘み成分へと変わるので、玄米よりも断然美味しく食べやすくなるのだそうです。

 

発芽するだけで栄養価が高くなるというのは不思議ですが、せっかく食べるのなら美味しくて栄養価の高いほうがいいですよね。

 

発芽玄米は面倒な事がなく、白米のように普通に炊けるので、手軽に食事に取り入れる事が出来そうです。