効果的なダイエットの食事法

玄米酵素の保存方法

 

健康志向が高まっている現代、健康食品が注目されていますが、玄米を白米の変わりに取り入れるという人が増えているようです。

 

しかし、玄米というのは、ぬかや胚芽が残っているので、色は少し茶色がかっていますし、香りも独特なものがあります。

 

そして、一番白米と違うのは食感で、プチプチとした食感です。

 

玄米の食感や香りが苦手という人もいるようですね。

 

しかし、玄米酵素は玄米を発酵させる事でやわらかくなり、小豆や塩と一緒に炊き、発酵させる事によってもち米のような食感や味になるのです。

 

玄米酵素は玄米よりも栄養価が高くなるのに、もっちりと香りもよく美味しくなるので、玄米よりも食べやすくなります。

 

玄米の香りや食感が苦手という人も、玄米酵素なら食べやすいかもしれません。

 

玄米酵素は、炊き立てをすぐに食べるのではなくて、保温ジャーで保温をしながら、3日間ほど発酵させてから食べます。

 

普通の炊飯器では、温度が高すぎるので、専用の保温ジャーを使うようにします。

 

その時は朝夕しっかりとかき混ぜる必要があります。

 

発酵をしっかりとさせるほど美味しくなり、栄養分も増えるということなので、しっかりと発酵させましょう。

 

3日間の発酵が終わったとも、保存は保温ジャーでします。

 

1週間ほどで食べきるようにするのですが、その間も、朝夕のかき混ぜは行いましょう。

 

炊くさんの量を炊くことが出来るので、1度炊いてしまえば、面倒なことなく食べることが出来ますね。