効果的なダイエットの食事法

玄米酵素と玄米の違い

 

玄米酵素とは、もともとは玄米なのですが、玄米を小豆や塩と混ぜ合わせて、特殊な高圧力釜で炊いて発酵させたものです。

 

玄米酵素は、有機ゲルマニウムが発生し、健康に良いご飯になります。

 

玄米というと一番初めに思い浮かべるのは、あの食感かもしれません。

 

玄米はぬかや胚芽がついたままなので、噛み応えのあるプチプチとした食感があります。

 

この噛み応えから、よく噛んで食べる必要がありますし、よく噛んで食べないと胃腸に刺激を与えてしまいます。

 

また白米のモチモチに慣れてしまっているので、あの歯ごたえが苦手という人もいるようです。

 

しかし、玄米酵素は、玄米なのに発酵させる事でやわらかくなり、独特のプチプチ感はなくなります。

 

小豆も入っているので、お赤飯のような味になります。

 

もっちりと美味しいのに、玄米というのが驚きです。

 

また、栄養素ですが、玄米は栄養豊富な食材として知られていますが、発酵させる事でさらに栄養が増したり、新しい栄養素が生まれたりして、玄米よりも、玄米酵素のほうが栄養成分が豊富なのです。

 

玄米よりも美味しく食べやすく、さらに栄養まで豊富になるなんて、玄米のまま食べるのがもったいないという気持ちになってしまいます。

 

発酵させればさせるほど食感もよくなり、美味しくなると言う嬉しい玄米が玄米酵素なのです。

 

美味しく食べて健康になれると言うのは魅力的ですね。