効果的なダイエットの食事法

玄米酵素と白米の違い

 

玄米酵素は、健康ブームの今、注目するべき食品です。

 

玄米酵素ですから、もともとは玄米です。

 

玄米に小豆、塩を加えて特殊な高圧力釜で炊くことで発酵させて、有機ゲルマニウムを発生させた、とても体に良いご飯です。

 

特徴的なのは、炊き立てをすぐに食べるのではなく、3日間ほど保温しながら発酵させて、その後に食べるということです。

 

白米は炊き立てを食べるのが一番美味しいのですが、玄米酵素は発酵させるほどうま味も増し、もっちり柔らかになるのだそうです。

 

白米との違いは栄養素にもあります。

 

玄米はぬかや胚芽がついています。

 

お米の栄養素と言うのは、ほとんどがそのぬかや胚芽の部分にあります。

 

ですから、白米に比べると、栄養豊富なのが玄米なのです。

 

特に食物繊維が豊富です。

 

カロリーなどは白米とさほど変わりませんが、ビタミンやミネラルなど、栄養はとても豊富です。

 

白米はせっかくの栄養豊富な部分を取り除いてしまっているという事になるのです。

 

玄米だとプチプチとして苦手という人もいるかと思いますが、玄米酵素は、もっちりとしたお赤飯のような食感です。

 

小豆も入るので色もいいですし、香りもいいのです。

 

真っ白な白米が好きと言う人は多いですが、健康のために玄米酵素を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。