効果的なダイエットの食事法

玄米の美味しい炊き方

 

玄米は食べたいけれど、炊き方がわからない、炊いてみたけれどあまり美味しくなかったという人も多いと思います。

 

玄米の炊き方は、コツをつかめが簡単です。

 

まずは炊飯器で炊く方法です。

 

基本的には玄米は手で優しくもみ洗いするだけでOKです。

 

白米のようにゴシゴシと、といだりする必要はありません。

 

洗った玄米は水を張って3時間以上寝かせます。

 

6時間以上寝かせることが出来れば、それくらい寝かせてもいいですよ。

 

ポイントとしては、この時に塩をひとつまみ入れておけば、においと苦味を抑えることが出来ます。

 

寝かせ終わった玄米は炊飯器に入れて、お米よりも20から24パーセント、水を増やして炊きます。

 

しかし、最近の炊飯器には玄米モードやメモリがついているものもありますので、それがある時には活用するといいでしょう。

 

炊飯器よりもおいしく炊けるのは圧力鍋です。

 

炊飯器と同じように洗い寝かせたら、圧力鍋に入れて強火にかけます。

 

重りが動き出したら1分から2分後に弱火にして20分ほど炊きます。

 

ポイントは火を止める前に20秒ほど強火にします。

 

こうすることでうま味が凝縮されて美味しい玄米が炊き上がります。

 

これを15分蒸らせば出来上がりです。

 

圧力鍋がない場合には、土鍋もおすすめです。

 

土鍋に入れてふたをしたら中火にかけます。

 

沸騰したら弱火で20分、そして、土鍋の蒸気穴をふさいで30分弱火にかけます。

 

あとは火を止めて15分蒸らすだけです。

 

水の量などは作っていくうちに好みの分量がわかってくると思います。

 

意外と簡単に玄米は炊けますよ。