効果的なダイエットの食事法

玄米のメリット・デメリット

 

玄米と言うのは、精米する前のお米のことです。

 

健康ブームはダイエットなどの影響もあり、最近玄米が注目されています。

 

体にも良いと言われる玄米ですが、メリットもあればデメリットもあります。

 

玄米のメリットというのは、白米よりも栄養成分が豊富ということです。

 

白米の栄養成分は熱で失われやすいのに対して、玄米は熱を加えても栄養成分を失いにくいので、口に入る時には、玄米の方がかなりの栄養成分が含まれているということになります。

 

豊富な食物繊維が、便秘解消効果や美肌効果も期待できるのです。

 

また、噛み応えがあるので、少量でも満腹感を得られやすいというのもメリットの一つです。

 

しかし、その噛み応えがデメリットでもあるようです。

 

噛み応えがあるのでよく噛んで食べなくてはいけませんが、しっかりと噛んで食べないと、表皮が消化されず、そのまま便となって出てきてしまいます。

 

その時に、その表皮が胃などの粘膜を傷つけてしまうこともあるようです。

 

胃腸の弱い人や、病後や療養中の人は注意をした方がいいようです。

 

また、玄米に含まれる成分の一つであるフィチン酸は、抗がん作用もあるといわれていますが、カルシウムやリン、ミネラルなどの吸収を妨げてしまうともいわれています。

 

ですから、玄米を食べると言う時には、野菜や海草などを多めに摂取することがおすすめのようです。

 

玄米独特の甘みを味わうには、あっさりとしたおかずがぴったりなので、自然とカロリーの低いものを食べたくなるようです。

 

そうなれば、ダイエット効果も高まりますね。