効果的なダイエットの食事法

玄米とは?

 

玄米とは、籾殻(もみがら)のみを取り除いて、精米をしていない米のことを言います。

 

玄米は色や光沢などから「黒米」とも言われており、黒と言う字に当てはまるのが玄なのです。

 

実際の色は黒ではなく、薄い褐色です。

 

玄米と言えば、体に良いと言うイメージがありますが、どのように良いのでしょうか。

 

玄米と精米を比べてみましょう。

 

玄米と精米を比べてみると、たんぱく質や糖質の量は変わらないですが、カルシウム、りん、鉄、カリウム、ビタミンB2、ナイアシン、繊維などが2倍から3倍の量が含まれるようです。

 

また、特徴的なのは、熱を加えて調理した後です。

 

熱を加えると、精米の方は栄養成分が損なわれやすく、それに対して玄米は、熱を加えても栄養分が損なわれにくいのです。

 

ですから、精米より栄養価が高いということになります。

 

玄米は炊き上がると、噛み応えがあります。

 

玄米の表面に繊維分が多く、噛み応えがよくなっているようです。

 

繊維質は噛み応えだけではなく、こくと香りがあり、噛めば噛むほど味わいが楽しめるのが特徴です。

 

玄米に慣れてしまうと、精白米では物足りないと思うようになるようですよ。

 

美味しさもあり、栄養分も高い玄米。

 

精米をして白米を食べているのが、もったいないような気持ちになります。

 

炊くのが大変というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、玄米炊きの機能がついた炊飯器も多く出ているようですよ。