効果的なダイエットの食事法

低GI値の食材を選ぶ

 

太る原因は、カロリーの摂りすぎだと思っていましたが、血糖値の上昇と関係があるということがわかっています。

 

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されます。

 

インスリンは、体内のエネルギーが余っているということを判断し、脂肪を蓄えてしまうホルモンです。

 

ですから、そのインスリンの分泌を抑えることが、ダイエットへつながるのです。

 

最近注目のダイエット法が、低インスリンダイエットです。

 

これは、血糖値を上げない食事をして、インスリンの分泌を抑えるというダイエットです。

 

このダイエットで大事なのは、低GI値の食材を選ぶことです。

 

低GI値というのは、食べた後に血糖値の上がる速さを数字にしたものです。

 

これが低ければ低いほど、血糖値の上昇を防ぐというわけです。

 

そして、GI値が低ければ低いほど、太りにくい食品ということになります。

 

GI値の低い食事を選べば、カロリーを減らすことも無く、食事量を減らす必要も無いのです。

 

GI値の高い食材と言えば、ご飯やパン、麺類などの炭水化物です。

 

GI値が高いので、あまり摂りたくないかも知れませんが、全く摂らないというのも、脳に影響があったり、筋肉が落ちて代謝が悪くなったりしてしまいます。

 

ですから、玄米やライ麦パンなどのGI値が低めのものにしたり、おかずを多く食べたりと、上手に調節するようにしましょう。

 

甘いものはGI値が高いので出来るだけ控えましょう。