効果的なダイエットの食事法

動物性タンパク質よりも植物性タンパク質

 

たんぱく質というと何を思い出しますか?

 

お肉やお魚を思い出す人がいるのではないでしょうか。

 

タンパク質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があり、お肉やお魚というのは動物性たんぱく質になります。

 

植物性たんぱく質というのは、大豆などの豆類です。

 

日本人というのは昔、動物性たんぱく質はあまり摂りませんでした。

 

しかし、最近は食事も欧米化してきているので、動物性たんぱく質を摂ることの方が多いかもしれません。

 

動物性たんぱく質も、体を作る良質なたんぱく質であるのですが、脂肪分などが多いものもあり、カロリーが高めになります。

 

また、動物性たんぱく質を摂り過ぎることで、お肌のトラブルを起こしやすかったり、体臭がきつくなるなどの変化もあるそうです。

 

その点、植物性たんぱく質はカロリーも低めのものが多いですし、ヘルシーですよね。

 

ダイエットを考えているのなら、動物性たんぱく質よりも、植物性たんぱく質のほうを積極的に摂りたいものです。

 

だからといって、動物性たんぱく質を全く摂らないというのが良いというわけではないようです。

 

動物性たんぱく質は、筋肉を作るために必要なので、動物性たんぱく質も摂り過ぎないように注意するということが必要となります。

 

たんぱく質は体を作る元となる栄養素なので、ダイエット中でもしっかりと摂るようにしましょう。