効果的なダイエットの食事法

玄米ダイエットとGI値

 

GI値というのを知っていますか?

 

GI値は、食べた後に血糖値が上がるスピードのことを言います。

 

そのGI値の数値が低ければ低いほど、血糖値が上がりにくくなります。

 

血糖値が上がりにくいと、インシュリンの分泌も防ぐことができます。

 

インシュリンとは、エネルギーにできなかった糖分を脂肪細胞に運んでしまうという働きがあるので、体脂肪を作ってしまう事になるのです。

 

また、脂肪の分解を抑えてしまうという働きもあり、体に蓄えてしまった脂肪の燃焼を抑えてしまうという効果もあります。

 

インシュリンは、ダイエットをしている人にとっては大敵だと言うことですね。

 

ですから、GI値が低い方がダイエットには効果的ということになるのです。

 

玄米のGI値はというと、55になります。

 

それに対して白米は88です。

 

玄米の方がGI値が大幅に低いのがわかりますよね。

 

白米を玄米に変えるだけで、低インシュリンダイエットの効果があるということなのです。

 

玄米は、食物繊維が豊富だったり、ギャバなどのダイエット成分だけではなく、GI値もダイエットに効果的だということがわかります。

 

血糖値の上昇を抑えてくれるのが玄米ということです。

 

GI値はカロリーとは違います。

 

玄米と白米のカロリーはあまり変わりはないので、カロリーの面から見ると、食べ過ぎるとダイエット効果は期待できないようです。