効果的なダイエットの食事法

冷たい食べ物よりも温かい食べ物

 

暑い夏などは、ついつい冷たいものが食べたくなりますよね。

 

家で食事を作っていても、あまり火の使わないものを作ることが多くなります。

 

暑い時に熱いものを食べると涼しくなる効果があるといいますが、暑い時にはなかなか手が出ないですよね。

 

しかし、ダイエットの面から言っても、年中通して冷たいものよりも、温かいものを食べたほうが効果的なようです。

 

冷たいものは、体温を下げます。

 

温度が下がると、脂肪燃焼効果も下がってしまうのです。

 

冷たいものばかり食べ続けることで、冷え性になってしまうことがありますが、そうなると代謝も落ちてしまうので、ダイエット効果が低くなってしまうのです。

 

逆に、温かいものを食べていると、体温が上がるので、代謝もアップします。

 

代謝がアップすると、ダイエット効果は高まるのです。

 

温かいものも効果的ですが、唐辛子やしょうが、にんにくなど、体を温めるものを摂ることもダイエットに効果的といわれています。

 

また温かい食事はリラックス効果もあるといいます。

 

ダイエット中というのは、知らず知らずのうちにストレスがたまりやすいものです。

 

温かい食べ物を摂ることで、ストレスが少し解消されるかもしれません。

 

冷たい食事もいいですが、ダイエット中は特に、温かい食事を食べるように心がけてみてはいかがでしょうか。