効果的なダイエットの食事法

血糖値が急に上がらない食事をする

 

太る原因というのは、これまでカロリーが原因といわれていました。

 

しかし、カロリーを摂りすぎたからと言って余ったカロリーがそのまま脂肪の原因となっているということではないようです。

 

エネルギーが余っていても、余っていると判断されなければ脂肪として蓄えられることが無いのです。

 

体の中のエネルギーが余っていると判断するのがインスリンというものです。

 

インスリンは、血糖値が上昇すると分泌されるホルモンです。

 

血糖値が上がると、インスリンの分泌を増やすだけではなく、インスリンの分泌が増えることで血糖値が下がり、空腹感を感じてしまうようになります。

 

お腹が空くと、食べてしまう。

 

それが太る原因になってしまうのです。

 

ですから、出来るだけ血糖値が上がらないような食事を摂る事がダイエットに効果的なのです。

 

血糖値が上がらないようにするためには、低インスリンダイエットが効果的といわれています。

 

GI値の低い食事をすることで、血糖値を急に上げることを防いでくれます。

 

砂糖というのは、一番血糖値を上げるものです。

 

ですから、砂糖は控えめにしたり、もし食べる時には一気に食べずに、お茶を飲むなどして時間をおきながら食べるようにするといいでしょう。

 

食事の時には食べる順番も大切で、炭水化物から食べずに、野菜や乳製品などから食べるようにするといいようです。

 

食事前に牛乳を1杯飲むことも、血糖値の上昇を防いでくれるようですよ。