効果的なダイエットの食事法

高たんぱく低カロリーの食事にする

 

ダイエットをしていると、ついついカロリーのことばかりを考えてしまいますが、カロリーを減らすだけではいけません。

 

栄養のこともしっかりと考える必要があります。

 

食べるものの3大栄養素とは、たんぱく質と糖質と脂質です。

 

これらはどれも体にとって大切な役割を持っています。

 

この中のたんぱく質は、体を作る元となります。

 

筋肉だけではなく、内臓や皮膚、髪の毛までが、たんぱく質で作られているのです。

 

たんぱく質というのは体の中で作ることが出来ないので、食べ物として摂取する必要があるのです。

 

たんぱく質というと、お肉やお魚を連想し、ダイエットにはカロリーが高いので控えるという人がいるかもしれません。

 

しかし、たんぱく質が不足してしまうと、筋肉が作られにくくなり代謝が悪くなってしまったり、肌や髪の毛もボロボロになってしまいます。

 

理想的なのは、高たんぱくで低カロリーということです。

 

たんぱく質も上手に取り入れれば、低カロリーに抑えることが出来ます。

 

肉や魚などの動物性たんぱく質を摂る場合には、脂肪の少ないささみや、白身魚などを摂るといいでしょう。

 

大豆などの植物性たんぱく質は脂肪が少ないので、積極的に摂るようにするといいかもしれません。

 

お豆腐のお味噌汁に焼き魚などの和食メニューは、高たんぱく低カロリーにぴったりの食事です。

 

たんぱく質は卵や乳製品にも含まれているので、たんぱく質が不足しないように、低カロリーを心がけ摂取するようにしましょう。