効果的なダイエットの食事法

朝カレーダイエットで痩せる理論

 

イチロー選手が、朝ごはんと昼ごはん兼用の食事で、毎日カレーを食べているというのは有名な話ですよね。

 

それは、ダイエットのためではなく、栄養管理のためという話でした。

 

しかし、朝カレーダイエットは、朝にカレーを食べることでダイエット効果があるというものです。

 

カレーといえば、ご飯にたっぷりのルーをかけて食べます。

 

ダイエットをしている人にとっては、避けたくなるようなメニューなのですが、どうしてダイエットに効果的なのでしょうか。

 

朝カレーダイエットの痩せる理論について考えて見ましょう。

 

カレーには、唐辛子、ガラムマサラ、オールスパイス、ターメリックなど、多くの種類のスパイスが含まれています。

 

そのスパイスには、代謝をあげたり、脂肪の分解や消費を助ける働きを持ったものが多くあり、その効果で代謝がアップして、痩せやすい体になることが出来るというものです。

 

朝に食べるというのもポイントで、朝から代謝がいいことで、より効果的にカロリーを燃焼することが出来るようです。

 

代謝がアップするので、カレーと一緒に食べるご飯も、エネルギーとしてすぐに消費されるので、ご飯を食べていても太るという心配はありません。

 

もちろん適量があり、食べすぎてしまうことはダイエットには効果的ではないのですが、適量を守り、他の食事も腹八分目に抑えることによって、ダイエット効果を得ることができるというのが、朝カレーダイエットです。