効果的なダイエットの食事法

朝カレーダイエットの推奨者

 

テレビ番組で取り上げられたこともきっかけとなり、話題となっているダイエット法が、朝カレーダイエットです。

 

朝カレーダイエットを推奨しているのは、日本薬科大学の丁宗鐵教授です。

 

丁宗鐵教授は、漢方が専門分野のようです。

 

漢方というのは、色々な漢方を組み合わせて効果を高めたり、副作用を消したりするそうです。

 

カレーのスパイスも同じことが言えるようで、カレーには色々なスパイスが含まれていて、組み合わせて使われていることで、それがダイエット効果につながるというのです。

 

丁宗鐵教授は漢方やカレーのスパイスの使い方の共通点に気がつき、勉強をするようになったそうです。

 

カレーといえば、ご飯をたくさん食べてしまうし、高カロリーというイメージがあり、ダイエットをしている人は敬遠しがちです。

 

しかし、代謝アップの効果で、一緒に食べたご飯のエネルギーもすぐに消費されてしまいますし、朝からカレーを食べることで代謝がよく、太りにくい体を作ることにもつながるというのです。

 

ご飯をしっかりと食べると、糖が脳に働き、満腹感を得られやすくもなるようですよ。

 

他の食事は腹八分目なら何を食べてもいいようですし、お酒も1〜2杯程度ならOKということで、ストレスのかかりにくいダイエット法と言えそうです。