効果的なダイエットの食事法

炭水化物は抜いた方がいいですか?

 

ダイエットをしていると、どんなものを食べると良いのか悩んでしまいますよね。

 

色々な栄養素がある中で、よく知られているのが炭水化物です。

 

炭水化物ダイエットというダイエット法があることからもわかるように、太る原因は炭水化物にあると考えられています。

 

炭水化物は消化することで糖質に変わり、糖質がインスリンを分泌させやすくしてしまうため、ダイエットには良くないと言われています。

 

炭水化物ダイエットは低インスリンダイエットとも言われ、GI値の低い食事を摂るようにすると言うダイエット法です。

 

しかし、炭水化物を全く摂らないと言うのも体に良くありません。

 

炭水化物というのは、脳の唯一のエネルギー源です。

 

ですから、炭水化物を全く摂らないとなると危険です。

 

例えば、頭がボーっとしたり、やる気がなくなって脳に影響が出てきます。

 

ダイエットができても、体調を崩してしまっては意味がなくなってしまいます。

 

炭水化物は必要な栄養素ですが、もちろんダイエットのためには食べすぎもよくありません。

 

白米を玄米に変えたり、パンよりも白米を食べるようにしたり、夕食の時だけ炭水化物を抜いたりと、無理なく炭水化物の量を減らすというのがいいでしょう。

 

無理なダイエットは体にも良くありませんし、続きませんよ。

 

体のためにも、炭水化物をすべて抜くということはやめましょう。