効果的なダイエットの食事法

空腹状態で食事をしない

 

ダイエットをしていると、食べないことで摂取カロリーを減らそうとしてしまいがちです。

 

確かに、一番手っ取り早い方法のように思えます。

 

摂取カロリーを減らすために食事量を極端に減らしたり、食事の回数を減らしたりする人もいると思います。

 

すると、お腹が空きます。

 

お腹が空くのは我慢できるかもしれませんが、体は我慢が出来ません。

 

空腹状態で食事をすると、脂肪として取り込んでしまうのです。

 

空腹状態では体が飢餓状態になっているので、脂肪を溜め込もうとするのです。

 

食事量を減らしたり、食事回数を減らすことで、見た目は痩せて見えるかもしれません。

 

しかし、体は代謝が悪く、脂肪燃焼しにくい、痩せにくい体になっているのです。

 

それでは、思ったようなダイエット効果を出すことができませんよね。

 

ダイエット方法の中には、1日5食食べるというダイエット法があります。

 

空腹感を感じる前に食事をすることで、少量でも満腹感が得られますし、体が飢餓状態になることが無いので、ダイエットには効果的のようです。

 

ダイエットのためには、少量を何度も食べたほうがいいということになるようです。

 

1日3食というイメージがあるので、1日5食にするというのは、食べ過ぎているような気がして少し抵抗があるかもしれませんが、試してみるのもいいのではないでしょうか。